爪専門店のネイルサロン「爪健美庵」(そうけんびあん)富田恭子さん

今回は、女性起業、ビジネスモデル成功事例として大注目の、藤沢、小田原、鎌倉に3店舗と地道に拡大をされている「爪専門店・爪健美庵」(株)ネイル敦のオーナー、富田恭子さんにお話を伺いました。

富田恭子 爪健美庵 ネイル敦

お嬢様学校から自衛隊に入隊

(D編集部)過去の経歴を聞きますと、お嬢様学校からなぜ自衛隊に入隊されたのでしょうか?その後自動車教習所の教官になられたのは?

そうなんです〜。よく聞かれます。人と違うことがしたかったんです。一度しかない人生ですし、面白く・楽しく・自分らしく・やりたいことをやって自分だけのオリジナルを生きていきたいと思っています。

起業したきっかけは?

もともとネイルが好きだったんです。私が初めてネイルサロンでケアしてもらった時の感動をもっと多くの方に感じてほしかったのと、好きなことを仕事にしたい!という思いが強かったからです。
平成9年当時は小田原にはネイルサロンがなかったので、就職先もなく自身で開業するしか手段がなかったので、無謀なチャレンジを繰り返して体当たりな毎日でした。
そして、地元で一番のコスメショップにアポナシ、コネナシで、「このエリアでネイリストとして、これから活躍していきたいので、一角にネイルコーナーをやらせてもらえないか?!」と社長様に直談判したのがきっかけでした。

とても面白い社長様で「面白いじゃないか、やってごらん」と承諾してくれて、週1、週末だけコスメショップの小さな一角、テーブル1つでスタートしました。当時は、教習所の先生とのダブルワークでした。

不可能を可能にするパワー

(D編集部)素晴らしいですね〜。不可能を可能にする女!と言えるのでは?
すごいポジティブさと一生懸命な仕事への姿勢が人からよいタイミングでチャンスをいただけるのではないでしょうか?

今思えば、とにかく我武者羅に暴れまくっていたと思います。自分でも「よくやってたな~」と感心します。ただ、なぜか絶妙なタイミングで、チャンスが目の前にひらひらと降ってきて、それを嗅ぎつけて手を出したら掴めちゃった!みたいなラッキー感はあります。図々しさと鈍感力も強みかも!

第二号店を大型SCにオープン

(D編集部)なるほど〜(笑)そして、その後はいかがでしょうか?

その後、多国籍バー店長から「うちのレディースデーの出し物としてネイルをやってくれないか?」と声がかかり、お客様が段々ついてきて、「恭子ちゃん、ちゃんとお店出せばよいじゃない!」と様々な方から声がかかり、ビルの一角に知り合いのメイクアップアーチストさんとシェアをする形で第一号店をオープンしました。

そして、5年位続けているうちに、「大型のSCができるらしい」とコスメショップの社長から情報を聞いて、通常大型SCに法人でもない個人事業主が出店は難しいもの。

しかし、コスメショップと多国籍バーを経営する二人の社長が、SCとつながりがあり、後押しされ、ビジネスのノウハウを教えてもらいながら、つなげてもらい、2000年10月にダイナシティに第二号店をオープンしました。

今までの5年間にスクールもやっていたので、スクール生がオープニングスタッフとしてスタートしました。

そして、黙々と仕事を続けながら、次店舗の候補地を探していると、2005年春に藤沢駅前にマンション兼テナントが建つとの情報をキャッチ!建築会社に問い合わせて住居の購入とテナントへの出店交渉をして第三号店をオープン!当時は大手企業のみの出店にも関わらず一個人としてのチャレンジでした。

法人化し、鎌倉に4号店目をオープン

やがて、平成20年に法人化。平成25年には最終目的だった鎌倉に土地を購入し、自宅兼店舗として第四号店をオープンした。住居と勤務場所を隣接させることで通勤時間が無くなり、時間と体力の浪費がなくなりライフワークバランスがとりやすくなり、仕事のパフォーマンスが上がることが理想でした。

爪をキレイに蘇らせる爪専門店

(D編集部)普通のネイルサロンと違う爪専門店ですが、差別化、その辺りのお話を聞かせていただけますか?

開業する時から、「爪を飾り付けるのではなく、健康的に美しくしたい」のがコンセプトだったので、高齢者でも「床屋さん感覚で。爪も月に1回爪屋さんで」というメッセージを発信して。入店しやすいお店づくりを目指しています。
老若男女、爪が生えている人なら誰でも通える爪専門店がモットーです。

このような方にご来店いただきたいという想い

(D編集部)なるほど〜。それでは、どんなお客様に来て欲しいですか?

「爪を噛んだり、むしるなどくせのある方、しもやけ、あかぎれ、手荒れなど、爪にトラブルを抱えている方、自分の爪にコンプレックスをもっている人に是非ご利用頂きたいです!」手は日々休むことなく働き酷使するパーツです。

掃除や洗濯を始め、シャンプーやハンドソープなど様々な洗剤に触れて荒れやすいです。また缶を開けたりシールを剥がしたり、爪先も道具として使っていますので、割れたり欠けたりするのでメンテナンスが必要です。

そして、実は、女性は閉経後に様々なトラブルがおきるもので、ホルモンバランスの崩れから、髪、肌、爪などの衰えが始まります。爪も伸ばすと折れたり、割れたりと…。さらに年を重ねると加齢性肥厚といい爪が厚く固くもなります。
厚くなった爪は巻きやすく、切り方を間違えると巻き爪になります。

(D編集部)わかります!そんな加齢の症状を受け入れつつ、お手入れ、ケアをしていきたいものですね〜。

そうですね。若い時には気にもしなかった指先のことが加齢と共に気になりだしたり、上手に自分でケアが出来なくなったりしてきます。
病院にいったけど何もしてもらえなかったなんて方も意外と多いですね。

「私みたいなおばさんがネイルサロンに行くなんて恥ずかしい!」とおっしゃるかたも多いです。ただ、そんな方々もケアを進めるうちに「わー♪こんなにきれいになるなら早くくればよかった!」と感激されることが多いです。

数回目には「この爪!の暖簾が以前から気になっていたのよ~!」だったり「最初の一歩が勇気いるのよ~」と本音を教えていただくこともあり、まだまだ今後の課題だと思います。

人材育成について

(D編集部)今まで苦労したことや大変だったことは?

スタッフが女性なので、結婚し、妊娠し、やめていくことですかね。女性ならではの人材確保やローテーションには確かに苦労をいたします。

(D編集部)うれしかったことはいかがでしょうか?

やはり、お客様が再来店してくださることです。その際に「この前やってもらったネイル!すごく周りから褒められて嬉しかった~!」なんて言っていただけるのが技術者冥利に尽きます。

また、講師としてスクールの生徒さんを教えたり、新人スタッフを教育していると、みんなが教えていたことを糧にして、人気のネイリストになったり、他社に転職後に店長になっていたり、独立開業して自分のサロンを開いて活躍していたりします。それがうれしいですね。

接客について

(D編集部)接客で大切にしていることはいかがですか?

お客様にとっての安心感ですね。「この人に自分の爪を任せてみよう」と信頼していただけるように、お客様の爪の状態に最適な技術を提供することが第一。
病院でいうなら『インフォームドコンセント』を大切にしています。お客様は素人ですから、何が爪に良くて・何が悪いかを知らないままサービスをうけてしまうことがあります。

その結果、爪を傷めてしまったり、後始末が悪い状況になったり…。そんなことを防ぐために、お客様にも事前にサービス内容を正しく理解していただき、必要か不要かをプロとしてアドバイスし、やるかやらないかをお客様に判断していただく。このプロセスを大切にしています。

そして、「ネイルサロンって緊張する~」なんてかたのために、初めてきたのに常連さん感覚とか、眠ってしまうくらいのリラックス度。アットホームで敷居の高くない居心地のいい場所にしたいです。

キャリアウーマンの方も多いので、お疲れで、癒されて、疲れをとって帰る隠れ家的存在でありたいです。同時にご自分で手・足ともに爪を切ることが困難になった高齢者みなさまに気軽にケアに寄っていただける存在でありたいですね。

他のお店ではやっていないけど、やってほしいと思っている人は大勢いる分野のサービスを積極的に提供していきたいと思っています。
また、「他店で出来ないと断られてしまったんだけど・・・」なんてかたの相談もお受けしています。メリットとデメリット、出来ることと出来ないこと明確な理由とともに回答いたします。

サロン経営について

(D編集部)経営やお金に対する考え方はいかがでしょうか?

「そうですねぇ。やることやっていればお金はついてくると思っています。」

お金がないからできないとか言う人がいますが、私はお金はやりたいことをできるチケットだと思っています。これをやりたいと思ったら、ではいくらかかるのかを逆算し資金を作っていくタイプです。

起業当初は、叔父が税理士だったので、色々とアドバイスを受けることができました。「赤字でも青色で」といつも言われて、「納税証明書しっかり。黒字を出しつづけることで信頼を得るように」と…。

それを守り、個人事業主として毎年青色申告をし、信頼を得るという考え方を基に仕事をして来ました。そして、法人化を考え横浜のコンサル型の税理士事務所に相談へ行きました。

平成9年に個人事業主として事業をスタートした当初から、いつか法人化し、鎌倉に住居兼サロンを持つという目標を明確にもっていました。結果、平成20年に会社を設立し法人化に成功。顧問をお願いした税理士さんには事前にこの目標を伝えて、様々なアドバイスをいただきました。決算書の作成や、事業資金の借り入れ方法まで、事細かにご指導いただけたのも成功のカギでした。

自身が爪のプロであるがゆえに、お金のことはプロに任せることが最善であることは分かっていました。信頼できる税理士さんに出会えたことも幸運でした。

(D編集部)それはなかなか達成し続けたことが素晴らしいですね!売り上げに追いかけられているプレッシャーはありますか?

もちろん、ありますよ(^^) 走るしかない!(笑)稼ぐしかない!
プレッシャーなしでは面白くないですし。

これからの時代に向けて

(D編集部)これからの夢や目標はいかがですか?

今後は、『未来の爪職人養成』を事業の軸として新しい形のスクールを始めようと計画しています。シェアハウスとして住む場所を提供しながら、夢をもって全国からやってくる若い子に、今まで作ってきた私のステージを使ってステップアップしてもらえるように育成していきたいです。

私自身が駆け出しのころ懐の大きな社長さんたちに助けていただいた恩を、今後は次の世代に繋いでいきたいと思っています。

コーチングも勉強してきたので1年のインターシップとして当店で学んでいただき、その後のコンサルも用意しています。寄り添うコーチング、フォローアップも含め、人材教育に力をいれていきたいです。

(D編集部)ありがとうございました。では最後に皆さんにメッセージを!

自分の手や爪にコンプレックスがあるかた、足の爪に心配事がある方、「もう少し自分の爪が普通にきれいになったら嬉しい!」と思っている方、そんな方々にご利用いただきたい爪専門店です。

あえてネイルサロンという言葉は使いません。(爪を長くして色を塗るところと思われたくないから)

髪は床屋・美容室、肌はエステに通うように『爪は爪屋』にお任せください。老若男女問わず是非ご来店ください!

あなたのなんとかしたいを叶えます!

富田恭子
座右の銘:為せば成る為さねば成らぬ何事も
目標にしている人:大谷由里子さん・兼子ただしさん

お店データ

爪健美庵(そうけんびあん)https://soken-bian.com/

☆藤沢店 Tel:0466-55-2239 藤沢市南藤沢3-12-3F(南口よりすぐ)

☆小田原店 Tel:0465-49-8183 小田原市中里208ダイナシティウエストフロア:WEST MALL 4F

☆鎌倉店(完全予約制)Tel:0467-53-8086 鎌倉市雪の下1-2-8

ネイリスト養成スクール 爪健美学塾(そうけんびがくじゅく)
https://peraichi.com/landing_pages/view/soukenbian